完成しました!(2)ちなみに・・・

大内宿茅屋根

一番上にちょこんと出た屋根を「煙出し」といい、囲炉裏などで火をおこした際に出る煙がここから出ます。

大内宿茅屋根

煙出しのところに「」の文字が書かれていて、これは防火のおまじないと言われています。
この文字は職人さんによってデザインが違うそうです。

大内宿茅屋根

煙出しの下のところに付いているのは、杉の葉で、これは、煙出しから邪気が入らないようにとのおまじないだそうです。
杉の葉を使うのは、匂いがきついからだそうです。